フリーエンジニアの魅力と将来への不安

毎日会社に通い、プロジェクトが佳境に入ると終電まで残業をしているエンジニアにとって、フリーエンジニアは夢のような職業です。会社の枷からは解き放たれ、自分で計画的にスキルを磨き、やりがいのある仕事にチャレンジすることが可能になります。
また、収入に関しても社員よりもずっと高額な報酬を受け取ることができるのです。

しかし、それに対するデメリットも存在します。確かに、仕事は自由に選択することができますが、同時に、企業からも選択される立場にあるので企業が求めるスキルがなければ仕事を断たれることになるでしょう。たとえ、現在は大丈夫でも将来はどうなるか分からなのです。万が一、病気や怪我で長期入院した時でも社員のような一定の保障はなく、すべて自分でなんとかしなければなりません。そのため、結婚に対しても二の足を踏んでしまうケースは多々あります。そうした将来への不安に疲弊していく人は少なくありません。
そんなケースでも選択肢は残されています。転職サイトに登録して再び社員に返り咲く道を目指すのです。もし、フリーエンジニアとして実績を積んでいるのなら、人手不足に悩んでいる企業からスカウトの連絡がある可能性は低くありません。いずれにせよ、社員か、フリーかというのは悩ましい問題です。どちらにも長所と短所が存在します。隣の芝生は青く見えると言いますから安易な選択をして、あとで後悔しないようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です